« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.10.25

Irシステム

契約しているCATVですが、この前の日曜日ついにアナログからデジタルに切り換えました。今までのSTBはただの黒い箱でしたが、今度のSTBは如何にもAV機器という感じです(製造メーカーはPanasonic)。デジタルにしてみて、これほど画質が変わるとは思いませんでした。デジタルを見た後アナログを見るといっそうはっきりと違いが分かります。

そして録画ですが、今までSTBのチューナーを使って録画をする場合、まずSTB側で録画設定をしてから、再度ビデオデッキ側で録画設定をする必要があり、また、録画時にはSTBを目的のチャンネルを合わせておく必要がありました。今度も同じと思っていたところ、長男の「Irシステムが使えるんじゃないの?」と言った一言から、仕方なく取説を読む事にしました(取説を読む習慣がないので)。

Irシステムケーブルがあれば、STBの録画設定をビデオデッキ側に赤外線で転送でき、ビデオデッキ側の設定が必要ないことが分かりました。そのIrシステムケーブルが無いことが分かり、CATV会社に連絡して届けてもらい、接続とテストを行いました。テストを始めた時は、ビデオデッキがVHS・DVD・HDDの複合機であるため、どうしてもVHSに録画設定が転送されてしまいとまどいましたが、今はそれも解決済みです。Irシステムのおかげで、今後CATVを録画する機会が増えそうです。

ところで、ビデオデッキの製造メーカーがたまたまSTBと同じPanasonicであったため、リモコンがそっくりです。同じメーカーとはいえ、デザインがこれほど似ているととても分かりにくいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.20

のだめカンタービレ放送開始

ついに今週の月曜日から「のだめカンタービレ」が放送開始となりました。マンガとドラマでは、たいていギャップがあり違和感を感じるのですが、この「のだめ」に関してはそれがあまりありませんでした。それは、ところどころCGを用いる等して、マンガの描写に近い表現をしていることがあります。

実写版にすると、どうしても現実の世界だけで表現しようとするあまり、マンガとの表現に違和感が大きくなって行くのですが、そこにCGを使うことで、ほんのわずかではありますが漫画での描写に近づくことが出来たのではないでしょうか。昨今の映画がCGを多用しているわけですから、ドラマであってももっとCGを使っても良いわけで、そういう意味で、このドラマは今後のドラマ作りのひとつの方向性を示したものと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.09

帯状疱疹

先週の水曜日頃から右半身(肩の辺りから足の付け根辺りまで)が筋肉痛のような痛みが有りました。しかし、それほど奥の方の痛みではなく割と表面に近い部分の痛みで、どちらかというとヒリヒリするようにも感じられます。

初めは、最近始めたゴルフスクールの練習で体を変にひねったのためかな、とも思っていました。また、それと時を同じくして、背中にちょっとしたできものが有り、痒かったのですが、また蚊に刺されたのだろうと思っていたのです。

それが昨夜、胸の中程にポツポツと小さなできものが集まって出来ている事に気がつきました。それ見た途端、過去にTVで見た話や、最近友人が発症したときの話などが頭の中を駆けめぐり、これは帯状疱疹ではないかと思ったのです。

そして、今日(既に昨日ですが)日曜日も診療している皮膚科に行き診てもらったところ、帯状疱疹だと分かりました。

疲労、ストレス、加齢によって発生するそうですが、ひどくならなければ3週間程度で治るそうです。但し、場合によって後遺症として痛み(帯状疱疹後神経痛)が残る事もあるようです。

この病気は、精神的や肉体的に疲れているときに良く発病するとのことで、それらを回復するためにも充分な栄養と睡眠が必要とのことですが、普通に生活していても大丈夫とのことです。また暖めると痛みが和らぐので、お風呂で暖まると良いとか。

炎症を抑える特効薬と、痛み止め、ビタミンB12、塗り薬4日分で5000円弱と薬代が高価でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »