2006.06.23

思い

人への思いほど、うまく伝わらないものはありません。こちらが思ったことを、その通りに相手が解釈してくれているかどうかをどうやったら、こちらも理解できるのでしょうか。相手と自分との考え方や、言葉が意味するところをどのような思いで解釈しているのか、相違があって当たり前ですが、その違いをどのようにして近づけていくか、そこが難しいところです。根本となる部分をしっかりと同期させておかないと、解釈の違いがどんどん離れていってしまう事になりかねません。

う~ん、自分でも何を考えているのかよく分からなくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.17

抜歯

12日の午後、右上の犬歯を抜歯しました。根が深くてなんだかんだと1時間半ほどかかりました。翌日は思ったより痛みもなく、これなら治りも早いかなと思われましたが、14日あたりから小鼻の少しあたりが腫れ始め痛みも出てきました。今は腫れもおおむね引きましたが、痛みはまだ残っています。まあ、1時間以上もの手術だったわけですから、そんなに簡単には治るはずもないのでしょう。

しかし、歯が痛いっていうのは嫌なものです。放っておいても治ることが無いので必ず治療も必要ですし、そのための費用や通院・治療にかかる時間も歯が悪くなければ必要のないものです。ですが、ここまで悪くなってしまったわけですから、あとはこれ以上悪くならないように心がけるしかありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.01.31

抜歯延期

昨日は抜歯のはずでしたが、歯医者に行ったところ、ひょっとしたら大変な抜歯になるかもしれないと言うことから、急遽延期になりました。昨日の先生とは別に口腔外科出身の先生(女医)がいるので、その先生に頼むことにしたようです。やはり、餅は餅屋ということなんでしょうけど、私としてはそんなに大変なの???と更に暗~くなっています。次回は12日の午後となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.29

歯医者

明日は抜歯です。抜くのは右上の3番(犬歯)ですが、前々からこの歯には悩まされてきました。以前にも一度この歯の手術をしたのですが、結局2年ぐらいしか持たなかったということで、明日抜く羽目になりました。

小さいときから歯が悪く、今にして思えば良い歯医者に巡り会わなかったことも不幸中の不幸でした。結婚してからは、妻が技工士ということもあり、勤めていた歯医者で面倒を見てもらえるようになったことでかなり助かりましたが、何と言ってもそれまでにほとんどの歯が壊滅状態でしたから、どんなに医者が優れていても、今まで以上に良くなるはずもなく、状況は次第に悪い方向へと進んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.03

忘れっぽい

いつからなんだろうか分かりませんけど、ある年齢を境にして代名詞を使うことが増えました。家族で話していても「あれ」とか、「これ」という言葉が出てしまいます。いつまでも思い出せないと「あれあれ、あれなんだけど・・・」それで話が途切れてしまいます。最近は本屋で痴呆防止の脳を鍛えるドリル本を売っていますが、あの手の本が売れているところを見ると年齢にも寄りますが、結構痴呆かな?と思い始めている人が多いと言うことなんだろうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)